Y軸には、生データや、任意の数の統計量をプロットすることができます。「チャート」起動ウィンドウの[統計量]メニューに、使用できる統計量がリスト表示されます。Y軸を指定するには、「列の選択」リストから数値列を選択し、次に[統計量]ポップアップメニューから統計量の種類を選択します。選択した統計量がすべて同じ列の度数に関する統計量(たとえば[N])である場合、その列がカテゴリ変数として使用されます。
「チャート」プラットフォームの統計量は、「分析」メニューにある統計プラットフォームや「テーブル」メニューの[要約]コマンドで計算されるものと同じです。以下のような統計量があります。
[カテゴリ, X, 水準]変数の水準ごとに、行数が全体に占める割合をプロットします。連続量の変数を使って要約統計量を指定した場合、[全体に対する%]は、[カテゴリ, X, 水準]変数の各水準の合計が全体に占める割合をプロットします。
[重み]として指定された列の値の合計。幾つかの統計量の計算では、[N]の代わりに重みを使用することができます。プラットフォームに表示されるのは、カテゴリカル変数の各水準における重みの合計です。
カテゴリカル変数の各水準における平均の標準誤差。標準偏差(Std Dev)を各水準のNの平方根で割ったものです。重み変数として指定した列があるときは、分子は重みの合計の平方根となります。
nパーセント点(n%分位点)。nパーセント点とは、データを小さなものから並べてn%で分けた点です。特定の分位点を計算するときは、「チャート」起動ウィンドウのメニューから[分位点]を選択するに、左下にあるボックスに分位点の値を入力してください。
関連情報