X軸には、カテゴリカルな水準を持つ変数を0~2個割り当てることができます。割り当てた変数の水準または水準の組み合わせごとに、棒(チャートの種類によっては垂線、扇形など)が作成されます。X変数を指定しない場合、チャートの棒はデータテーブル内の行の数だけ作成されます。