統計量として[平均]が選択されているY変数があり、X変数が少なくとも1つ割り当てられている場合、誤差バーを追加することができます。円グラフでは誤差バーが使用できません。「チャート」起動ウィンドウで[誤差バーの追加]を選択すると、追加オプションが表示されます。