[等高線の保存]は、次の値を含む列を新しいJMPデータテーブルに保存します。
[グリッドの生成]では、ウィンドウが表示され、グリッドを指定できます。[OK]をクリックすると、次の値を含む新しいJMPデータテーブルが作成されます。
[三角要素座標の保存]では、新しいJMPデータテーブルが作成され、等高線の作成に使用された三角に分割した要素の座標が保存されます。デフォルトでは、Delaunayの三角分割法を用いて近接するデータ点から三角形が形成されます。一連の三角形は、外接円、つまり三角形の3つの頂点を通る円に他のデータ点が入らないよう計算されます。三角分割法を正規化したスケールに変更するには、[変換]>[範囲による正規化]を選択します。