起動ウィンドウでオプションを選択しなかった場合、Y変数の範囲を均等に分割する形で等高線のレベルが作成されます。カラーテーマは、[ファイル]>[環境設定]>[グラフ]を選択して指定できます。また、等高線図の凡例にある項目を右クリックして、個々の等高線の色をカスタマイズすることもできます。
等高線のレベルは、起動ウィンドウ([指定]ボタン)、または「等高線図」の赤い三角ボタンをクリックして開くメニュー([等高線の設定変更]>[等高線の指定])で指定します。
図6.7 等高線の指定: 起動ウィンドウ(左)とメニュー(右)
このオプションを選択すると、「等高線の指定」ウィンドウが開きます。図6.8 を参照してください。このウィンドウでは、次の作業ができます。
図6.8 「等高線の指定」ウィンドウ
このオプションは、起動ウィンドウ([読み込み]ボタン)と、「等高線図」の赤い三角ボタンをクリックして開くメニュー([等高線の設定変更]>[等高線の読み込み])に表示されます。
メモ: ボタンとメニューオプションのいずれも、等高線図を作成するデータテーブルだけでなく、他にも開いているデータテーブルがある場合にのみ選択可能になります。[読み込み]ボタンまたは[等高線の読み込み]オプションをクリックすると、開いているデータテーブルをリストしたウィンドウが開きます。