ここでは、Fisherのあやめのデータ(Mardia, Kent and Bibby 1979)を使います。「Iris.jmp」データテーブルに、「setosa」、「versicolor」、「virginica」の3種類のあやめのがくの長さ、がくの幅、花弁の長さ、花弁の幅の測定結果がまとめられています。あやめの種類を区別できる特徴が何かを調べるため、これらの測定値を分析してみます。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Iris.jmp」を開きます。
3.
「がくの長さ」「がくの幅」「花弁の長さ」「花弁の幅」を選択し、[Y, 応答変数]をクリックします。
4.
「スケールの統一」チェックボックスをオンにします。
5.
[OK]をクリックします。
図8.10 3つの種類をまとめたパラレルプロット
図8.10 からは次のようなことがわかります。
1.
「Iris.jmp」データテーブルから、[グラフ]>[パラレルプロット]を選択します。
2.
「がくの長さ」「がくの幅」「花弁の長さ」「花弁の幅」を選択し、[Y, 応答変数]をクリックします。
3.
「種類」を選択し、[X, グループ変数]をクリックします。
4.
[OK]をクリックします。
図8.11 種類別のパラレルプロット