「散布図行列」プラットフォームを起動するには、[グラフ]>[散布図行列]を選択します。
図11.4 「散布図行列」起動ウィンドウ
[Y, 列]の変数のみを指定した場合、横軸と縦軸にそれらの変数が表示されます。
[Y, 列][X]の両方の変数を指定した場合、[Y, 列]変数が縦軸に表示され、[X]変数が横軸に表示されます。この方法だと、長方形の行列や、一部分だけ共通している変数の組を軸とした行列を作成できます。
[グループ化]の変数を指定した場合、その変数の水準ごとに確率楕円が追加されます。グループ変数を使った例を参照してください。
[By]変数を指定すると、その変数の水準ごとに個別の散布図行列が作成されます。[By]変数を2つ指定した場合、両変数の水準の組み合わせごとに個別のグラフが作成されます。
「配置の方法」には、[上三角][下三角][正方形]の3つがあります。「配置の方法」の変更を参照してください。
[OK]をクリックすると、「散布図行列」ウィンドウが開きます。「散布図行列」ウィンドウを参照してください。