ここでは、「Pogo Jumps.jmp」データテーブルを使用します。これは、1985年の香港ホッピング選手権に参加した上位7選手のデータをまとめたものです(出典はAitchison 1986)。ホッピングでは、「yat」「yee」「sam」の3つの連続したジャンプの合計飛距離が測定されます。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Pogo Jumps.jmp」を開きます。
2.
[グラフ]メニューの[三角図]をクリックします。
3.
「Yat」「Yee」「Sam」を選択し、[X, プロット]をクリックします。
4.
[OK]をクリックします。
図12.2 三角図の例
図12.3 十字ツールの使用
1.
プロット上で右クリックし、[行の凡例]を選択します。
2.
列名のリストで「選手名」を選択します。
「色」は自動的に[JMP標準]に設定されます。
3.
「マーカー」メニューから[標準]を選択します。
4.
[OK]をクリックします。
5.
マーカーを見やすくするため、プロット上で右クリックし、[マーカーサイズ]>[3, 大]を選択します。
図12.4 「選手名」で色分けした「Pogo Jumps」データ