ここでは、Cornell(1990)で取り上げられている、魚のパティの舌触りを最適化するための実験データをアレンジした「Fish Patty.jmp」データテーブルを使います。「ボラ」「タイ」「ニベ」の各列は、魚のパティに使われた魚肉に占めるそれぞれの割合を示します。「温度」列は、パティを焼くときのオーブンの温度です。応答変数である「評価」列は、舌触りの良さを測定したもので、高い値が良い評価を表します。データに応答曲面モデルがあてはめられ、そのときの予測式が「予測評価」という列に保存されています。(詳細については、『プロファイル機能』の配合プロファイルを参照してください。)
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Fish Patty.jmp」を開きます。
2.
[グラフ]メニューの[三角図]をクリックします。
3.
「ボラ」「タイ」「ニベ」を選択し、[X, プロット]をクリックします。
4.
「予測評価」を選択し、[等高線の計算式]をクリックします。
5.
[OK]をクリックします。
6.
赤い三角ボタンをクリックし、開いたメニューから[等高線間を塗りつぶす]>[上を塗りつぶす]を選択します。
図12.8 等高線の計算式を使った三角図