「モデルの指定」のオプションを参照してください。
1つの列だけ指定できます。この役割を持った列の値は、分析において各行の度数として使用されます。度数が整数の場合、度数を指定したときの結果は、度数がkである行をk行にしたデータに対する結果と同じになります。小数点を含む度数を指定することもできます。度数を参照してください。
マクロで設定される多項式の次数を指定します。マクロ[設定された次数まで]および[多項式の次数]を参照してください。
選択した連続尺度の効果またはY列を変換します。変換を参照してください。
あてはめの手法を指定します。「モデルのあてはめ」起動ウィンドウの要素を参照してください。選択した手法に応じて、異なるオプションが表示されます。
度数の列は、「モデルのあてはめ」のほとんどの手法で、[度数]リストボックスにオプションとして指定できます。度数は、一般に次のように解釈されます。ある行の度数がfだとします。このときの計算結果は、その行のコピーをf個含むデータの計算結果と同じになります。
重み変数は、「手法」が最小2乗法や正規分布の最尤法、または一般化線形モデルの場合に、オプションで使用できます。ある行の重みがwである場合、応答変数のデータをw‐1/2で尺度化したものから損失関数に対する寄与は計算できます。
重みが負の値または0である行は、分析から除外されます。