モデルのあてはめのオプション
([二項]分布を指定し、モデルに切片がある場合のみ。また、尺度が[ベクトル]である効果が含まれている場合には使えません。)カテゴリカルな説明変数に対してオッズ比、および、連続尺度の説明変数に対して単位オッズ比と範囲オッズ比を求めます。オッズ比とは、2つのオッズの比を指します。あるイベントが起こる確率を、そのイベントが起こらない確率で割ったものをオッズといいます。応答変数におけるどちらの水準をイベントとみなすかは、「モデルのあてはめ」起動ウィンドウの「イベントを示す水準」で定義します。
「単位オッズ比」レポート。単位オッズ比は、連続尺度のモデル項における1単位の変更に対して計算されます。
「範囲オッズ比」レポート。範囲オッズ比は、連続尺度のモデル項の範囲全体に対して計算されます。
「単位発生率比」レポート。単位発生率比は、連続尺度のモデル項における1単位の変更に対して計算されます。
「範囲発生率比」レポート。範囲発生率比は、連続尺度のモデル項の範囲全体に対して計算されます。
([Cox比例ハザード]分布を指定し、モデルに切片がある場合のみ。)カテゴリカルな説明変数に対してハザード比、および、連続尺度の説明変数に対して単位ハザード比と範囲ハザード比を求めます。ハザード比は、2つのハザード(瞬間故障率)の比を指します。時点tにおけるハザードは、その時点tまでに生存していた個体のなかで、時点tにおいて死亡するもの確率(条件付き確率)です。
「単位ハザード比」レポート。単位ハザード比は、連続尺度のモデル項における1単位の変更に対して計算されます。
「範囲ハザード比」レポート。範囲ハザード比は、連続尺度のモデル項の範囲全体に対して計算されます。
(尺度が[ベクトル]である効果が含まれている場合には使えません。)「多重比較」起動ウィンドウを表示します。詳細は、「標準最小2乗のレポートとオプション」章の「多重比較」を参照してください。多重比較は、モデルの線形成分に対して行われます。また、カテゴリカルな説明変数がない場合には、このオプションは表示されません。
メモ: 信頼水準(a)を変更するには、「モデルのあてはめ」ウィンドウで赤い三角ボタンのメニューから[有意水準の設定]を選択します。