(モデルに1つの連続尺度の効果しかない場合。)ロジスティックモデルのあてはめをグラフで表したロジスティック確率プロット。Xの値ごとに、Y方向の確率が応答の各カテゴリに分割されます。確率は、曲線と曲線の間の垂直距離として測定でき、Yのすべてのカテゴリの確率は合計で1になります。
X効果に関して反復した点があり、モデルが飽和モデルでない場合のみ。)モデルに他の項を追加する必要があるかどうかを示す検定(あてはまりの悪さの検定)が表示されます。あてはまりの悪さ(LOF)検定を参照してください。