完全モデルと縮小モデルの差。説明変数全体に対する検定統計量の計算に使われます。
この値は不確定性係数(U)やMcFaddenの疑似R2乗と呼ばれることもあります。