ロジスティック回帰は、カテゴリカルな応答変数(Y)の水準の確率を1つまたは複数の効果(X)の関数としてモデル化します。「モデルのあてはめ」プラットフォームでは、ロジスティック回帰モデルのあてはめに2種類の手法が用意されています。どちらの手法を使用するかは、応答列の尺度(名義または順序)によって決まります。