3.
「加熱時間」の値を消去します。
「加熱時間」の予測値を求めたいので、「加熱時間」の値は空白にしておきます。
4.
「ソーキング時間」の値として「2」を入力します。
「ソーキング時間」が2のときの加熱時間を予測したいためです。
図10.6 「逆推定」の指定ウィンドウ
6.
[OK]をクリックします。
図10.7 「逆推定」レポート
「ソーキング時間」が2のとき、インゴットの状態が90%の確率で「Ready」となる「加熱時間」は39.60です。このとき、95%信頼区間は32.09から57.29までの間です。「ソーキング時間」が2のとき、インゴットの状態が80%の確率で「Ready」となる「加熱時間」は49.49です。このとき、95%信頼区間は39.90から78.71までの間です。