[名義ロジスティック]と[順序ロジスティック]の各手法を起動するには、[分析]>[モデルのあてはめ]を選択し、[Y]として1つまたは複数の連続尺度でない列を指定します。[Y]に複数の列を指定した場合、各列にモデルがあてはめられます。
すべての手法に共通の「モデルのあてはめ」ウィンドウの要素の詳細については、「モデルの指定」を参照してください。[名義ロジスティック]と[順序ロジスティック]の各手法に固有の情報をここで紹介します。