1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「InjectionMolding.jmp」を開きます。
3.
[実行]をクリックします。
5.
「InjectionMolding.jmp」サンプルデータで、「列」パネルの「保持時間」の横にある連続尺度アイコンを右クリックし、[名義尺度]を選択します。
7.
「残差 収縮」を選択し、[Y, 目的変数]をクリックします。
8.
「保持時間」を選択し、[X, 説明変数]をクリックします。
9.
[OK]をクリックします。
図9.6 残差とばらつき効果
このプロットを見ると、「保持時間」の増加に伴って分散が大きくなることがわかります。ここでは、「保持時間」を名義尺度として扱っています。