対数分散効果を指定するには、「モデルのあてはめ」ダイアログボックスで効果を強調表示し、[属性]メニューから[対数分散効果]を選択します。効果名の後ろに「&対数分散」がつきます。この属性を指定すると、あてはめの「手法」が自動的に[対数線形-分散]に変わります。応答の平均と分散の両方に対して使用したい効果は、1回は[対数分散効果]として、もう1回はそのままで、計2回指定する必要があります。
対数分散効果として指定した効果はモデルのZ、その他の効果はモデルのXになります。