「InjectionMolding.jmp」サンプルデータは、7因子の27-3一部実施要因計画の実験データに中心点を4つ追加したものです(Myers and Montgomery 1995, p. 519、オリジナルはMontgomery 1991)。事前の調査から、応答の平均は最初の2つの因子、「モールド温度」「スクリュー速度」だけに左右され、分散は「保持時間」に左右されることがわかっています。
図9.1 「InjectionMolding」データ
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「InjectionMolding.jmp」を開きます。
図9.2 「モデルのあてはめ」ダイアログボックス
3.
[実行]をクリックします。
図9.3 対数線形分散のレポートウィンドウ