「平均」という新しい列が作成されます。この列には、指定のモデルで計算した平均の予測値が保存されます。
「分散」という新しい列が作成されます。この列には、指定のモデルで計算した分散の予測値が保存されます。
「標準偏差」という新しい列が作成されます。この列には、指定のモデルで計算した標準偏差の予測値が保存されます。
「残差」という列が作成され、残差が保存されます。残差は応答の観測値から予測値を引いたものです。残差の検討を参照してください。
「スチューデント化残差」という列が作成され、残差を標準誤差で割ったものが保存されます。
「予測値の標準誤差」という新しい列が作成されます。この列には、平均の予測値に対する標準誤差が保存されます。
「個々の標準誤差」という新しい列が作成されます。この列には、個々の応答値に対する標準誤差が保存されます。
「平均 列名の下側95%」「平均 列名の上側95%」という2つの新しい列が作成されます。これらの列には、平均の予測値に対する信頼区間が保存されます。
「個別 下側95%」「個別 上側95%」という2つの新しい列が作成されます。個々の応答値に対する信頼限界が保存されます。