ここで、Yは応答変数の行列、Mは応答の計画行列、Vは与えられた検定に対するの固有ベクトルの行列です。Yの正準スコアは、ゼロより大きい固有値に対応する固有ベクトルに対して保存されます。
この式で、Vの固有ベクトルの行列です。
vは、の固有ベクトル行列Vの列で、j番目の効果の多変量の最小2乗平均、gはゼロより大きいの固有値の数、rX行列のランクです。
この式で、gはゼロより大きいの固有値の数、分母Lは、多変量の最小2乗平均の計算に使用したものです。