レポートを適合度(R2乗)の良い順に並べ替えます。たとえば、100個もの応答変数に対する一元配置分析の結果が、「あてはめのグループ」の下に表示されている場合、それらを適合度の高い順に並べ替えることができます。なお、このオプションは、最小2乗法が使われた結果だけに使用できます。