1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Big Class.jmp」を開きます。
3.
「体重(ポンド)」を選択し、[Y]をクリックします。
4.
「次数」ボックスに「2」と表示されていることを確認します。
5.
「年齢」「性別」「身長(インチ)」を選択し、[マクロ]>[設定された次数まで]をクリックします。
6.
[実行]をクリックします。
7.
図2.33 のようなレポートが表示されます。
「年齢」の検定では自由度が15になっています。この検定では、「年齢」の5つのパラメータ、「年齢*性別」の5つのパラメータ、および「身長(インチ)*年齢」の5つのパラメータについて調べます。この検定の帰無仮説は、15個のパラメータがすべてゼロであるというものです。
図2.33 「複合因子検定」レポート