指定された列のカラーマップを追加します。([要約したデータ][データは距離行列]、または[積み重ねたデータ]を選択した場合は表示されません。)
星座樹形図内を右クリックし、[ラベル表示]を選択解除すると、端点のラベルが表示されなくなります。
星座樹形図の座標をデータテーブルに保存します。([要約したデータ][データは距離行列]、または[積み重ねたデータ]を選択した場合は表示されません。)
[データは距離行列]を選択した場合は表示されません。)以下の情報を表示します。
[積み重ねデータ]で「属性のID」列を2つ指定したとき以外は、パラレルプロットが表示されます。パラレルプロットでは、各変数の軸のスケールが次のように設定されます。
[積み重ねデータ]で「属性のID」列を2つ指定したときは、Y変数の平均を座標ごとに描いた2次元プロットが表示されます。このプロットは、[青->グレー->赤]のグラデーションによって、色付けされます。
変数をすべて使用した散布図行列を作成します。([要約したデータ][データは距離行列]、または[積み重ねたデータ]を選択した場合は表示されません。)
クラスターごとにパラレルプロットを作成します。([要約したデータ][データは距離行列]、または[積み重ねデータ]を選択した場合は表示されません。)軸のスケールは、クラスター平均プロットの場合と同様です。クラスター平均プロットを参照してください。