「PLS回帰」プラットフォームは、説明変数(X)の線形結合からなる因子に基づいて応答変数(Y)を予測する線形モデルを構築します。PLS回帰における因子は、Xの線形結合とYの線形結合との共分散が最大になるようなものです。PLS回帰は、XYの関係を調べ、潜在的な因子を抽出します。
図5.1 「PLS回帰」レポートの一部
目次