[多変量]>[多変量の相関]で、[欠測データの補完]オプションを使用します。「多変量の相関」章の「欠測データの補完」を参照してください。
[分析]>[スクリーニング]>[欠測値を調べる]で、[多変量正規分布による補完]または[多変量の特異値分解補完]を使用します。詳細については、『予測および発展的なモデル』の「欠測値を調べる」ユーティリティを参照してください。