図8.2 Excelで定義された需要モデル
B8のセルに、総支出(Overall Cost)を算出する計算式が保存されています。数式バーで確認すると、次の4つのセルを参照していることが分かります。
在庫(Amount Stocked)。製品の在庫量です。
需要(Demand)。製品に対する顧客の需要です。
航空貨物料金(Air Freight)。需要が在庫量を上回ったときに、不足分を空輸するのにかかる、1個あたりの送料です。
処分コスト(Expiration Cost)。需要が在庫量を下回ったときに、過剰分の廃棄にかかる、1個あたりのコストです。
在庫需要を下回る場合、会社は「(需要-在庫)x航空貨物料金」を払って不足分を空輸する必要があります。たとえば、需要が8で、在庫が6しかない場合、8-6=2個を空輸するために2x150=300を払わなければなりません。
在庫需要を上回る場合、会社は「(在庫-需要)x処分コスト」を払って過剰分の製品を処分する必要があります。たとえば、需要が5で、在庫が8しかない場合、8-5=3個を空輸するために3x50=150を払わなければなりません。
在庫重要に等しい場合は、空輸コストも処分コストもかかりません。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、1つ上のフォルダに移動して、「Import Data」フォルダを開きます。
2.
「Demand.xls」をダブルクリックして、Microsoft Excelで開きます。
4.
[モデルの作成/編集]ボタン()をクリックします。
6.
「入力」ボックスの「Air Freight」を選択して、下向きの矢印ボタン()をクリックします。
7.
[OK]をクリックします。
メモ:  
「モデルの作成/編集」ウィンドウのフィールドに自動的に値が挿入されない場合は、[選択]をクリックし、入力名を含むセルを選択してください。値を指定してから、[適用]をクリックします。