この例では、「Five Factor Mixture.jmp」サンプルデータを使用します。このデータテーブルには、5つの配合成分(「x1」「x5」)、カテゴリカルな工程因子が1つ(「タイプ」)、応答が3つ(「Y1」「Y2」「Y3」)あります。各応答に応答曲面モデルをあてはめ、その予測式を保存したものが「Y1の予測値」「Y2の予測値」「Y3の予測値」です。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Five Factor Mixture.jmp」を開きます。
3.
[Y1の予測値][Y2の予測値][Y3の予測値]を選択して、[Y, 予測式]をクリックします。
4.
[OK]をクリックします。
5.
「Y3の予測値」の「等高線」テキストボックスに「3」と入力して等高線を追加します。
図5.11 「Y3の予測値」の等高線を3に設定した配合プロファイル
図5.11 のレポートについて、詳しく見てみましょう。
軸に表示されている因子はX1、X2X3で、軸ラベルと、因子の設定パネルのラジオボタンからそのことがわかります。すべての配合因子に下限と上限があり、列プロパティとしてあらかじめ入力されていた値が使用されます。列プロパティの入力方法については、『JMPの使用法』の列プロパティ を参照してください。また、「下限」と「上限」のテキストボックスに値を直接入力することもできます。
プロットに表示されている「x1」「x2」「x3」は、ラジオボタンがオンになっています。
カテゴリカルな因子である「タイプ」にもラジオボタンが表示されていますが、この因子をプロットに含めることはできません。「タイプ」の現在の値、L1は、「現在のX」テキストボックスのすぐ右に表示されています。「タイプ」の「現在のX」テキストボックスには、L1の代わりに「0」が表示されています。
メーカーは、「Y1」を1より小さく、「Y2」を8より大きく、「Y3」を4~5(目標は4.5)にしたいと考えているとしましょう。「配合プロファイル」を使えば、応答曲面を調べ、最適な因子設定を特定することができます。
図5.12 応答の範囲設定後の実現可能な領域
図5.13 条件に合う領域を拡大した三角図
9.
「Y1の予測値」の調整スライダまたは「等高線」テキストボックスを使って、実現可能な領域内で赤い等高線を最大化します。増加方向を表す点線を見れば、応答の予測値の増加方向がわかります。
10.
「Y2の予測値」の調整スライダまたは「等高線」テキストボックスを使って、実現可能な領域内で緑色の等高線を最小化します。
11.
「Y3の予測値」の「等高線」テキストボックスに「4.5」を入力して、青い等高線を目標値に設定します。
3つの等高線は、1点では交わりません。「Y3」を目標値に設定すると、「Y1」「Y2」を最適化できないので、妥協する必要があります。それには、3本の直線の交差する点を、等高線で囲まれた領域の中央に配置し、それぞれの因子の水準を調べます。これらの応答の等高線は、「x4」「x5」「タイプ」の現在の値に対して成り立っていることに注意してください。
図5.14 最適な因子の値
12.
「配合プロファイル」の赤い三角ボタンをクリックし、[因子設定]>[設定の記録]を選択して、現在の設定を保存します。設定がレポートウィンドウの下部に追加されます。
図5.15 設定の記録
現在の設定を保存すれば、その後「x4」「x5」「タイプ」の値を変更し、条件に合った領域がどのように変化するかを調べられます。「設定の記録」レポートを見れば、「タイプ」の各水準における因子設定と応答値を比較することができます。