k個の応答に対する個々の満足度関数を、d1d2、...、dkと表すとします。この場合、全体の満足度関数は、次のように、個々の満足度関数の幾何平均と定義されています。