許容差設計(tolerance design)とは、入力のばらつき(変動)を制御することにより、出力の不適合率をどれだけ制御できるかを調べることです。
図7.14 不適合率プロファイル