分布として[正規 加重]が選ばれた場合、多変量正規分布の中心からの距離で層別にした乱数生成法が使われます。この方法は、極端に大きな値や小さな値を考慮しなければいけない場合に、他の重点サンプリング法よりも良い結果をもたらすと考えられます。
この方法は、まず層を定義し、それに対応する確率と重みを計算します。各層は、d個の因子において半径を次に示す区間ごとに分けたものです。
NStrata - 1
1.
i個目の乱数生成に対する層としてmod(i - 1, NStrata)を選択します。
2.
n次元におけるランダムな方向を求めるために、n個の独立な正規分布に従う乱数を生成し、その大きさを1にします。