応答の仕様限界を入力・編集できます。[保存]ボタンをクリックすると、応答の仕様限界がデータテーブルの列プロパティに保存されます。