図3.2 は、2つの隠れ層をもつニューラルネットワークです。X変数が3つ、Y変数が1つあります。まず、X変数が、左側の隠れ層(第2層)によって変換されます。次に、その結果が、右側の隠れ層(第1層)によって変換されます。そして、さらに、その結果を変換して、出力が求められます。
図3.2 ニューラルネットワークのダイヤグラム