図3.3 「ニューラル」起動ウィンドウ
検証
検証列を指定します。詳細は、検証法を参照してください。「列の選択」リストで列を選択せず、[検証]ボタンをクリックすると、データテーブル内に検証列を作成することができます。「検証列の作成」ユーティリティの詳細については、『予測モデルおよび発展的なモデル』の「検証列の作成」ユーティリティを参照してください。
欠測値をカテゴリとして扱う