, n = 0, 1, 2, ...
mは1つのパラメータか、または多数のパラメータを持つ線形モデルです。このモデルを変換して、反復重み付き最小2乗法であてはめる方法は、たくさんの本や論文で取り上げられています(Nelder and Wedderburn 1972)。JMPでは、もっと単純にモデルを直接あてはめることができます。ここでは、例として、McCullagh and Nelder(1989)が取り上げている、波が原因で生じた貨物輸送船事故の数のデータを用います。
このデータは「Ship Damage.jmp」データテーブルにまとめられています。モデル計算式は「モデル」列、損失関数(負の対数尤度)は「Poisson損失関数」列にあります。モデルをあてはめるには、次の手順に従います。
2.
「モデル」[X, 予測式列]に指定します。
3.
「Poisson損失関数」[損失]に指定します。
4.
[OK]をクリックします。
5.
b0の「現在値」(初期値)を「1」に、その他のパラメータを「0」に設定します(図12.15 )。
図12.15 新しいパラメータの入力
6.
[実行]をクリックします。
7.
[信頼限界]ボタンをクリックします。
図12.16 のような「解」レポートが表示されます。結果には、パラメータ推定値、信頼区間、要約統計量が含まれています。
図12.16 Poisson損失の「解」表の例