次の例を行うにあたり、まず、「曲線のあてはめ」章の「「曲線のあてはめ」機能の使用例」の手順に従い、モデルをあてはめてください。そして、次の手順で、「曲線のあてはめ」で予測式を保存し、パラメータの範囲を「非線形回帰」プラットフォームで設定することができます。
1.
「ロジスティック 4P」の赤い三角ボタンのメニューから[予測式の保存]>[パラメトリックな予測式の保存]を選択します。
データテーブルに「毒性 予測式」という新しい列が表示されます。
3.
「毒性」[Y, 応答変数]に指定します。
4.
「毒性 予測式」[X,予測式列]に指定します。
5.
「製剤」[グループ化]に指定します。
6.
[OK]をクリックします。
「非線形回帰のあてはめ」ウィンドウが表示されます(図12.17 )。設定パネルに、パラメータ値と固定オプションが表示されます。各パラメータの前に表示されているアルファベットは、「曲線のあてはめ」プラットフォームの「予測モデル」でのモデル式で使われている変数に対応しています。
図12.17 「非線形回帰のあてはめ」設定パネル
7.
「非線形回帰のあてはめ」の赤い三角ボタンのメニューを開き、[パラメータの範囲]を選択します。
8.
図12.18 のようにパラメータの下限を設定します。ここでは、過去の経験から、薬剤の毒性の最大値が1.1以上であることがわかっているものとします。
図12.18 パラメータの範囲の設定
9.
[実行]をクリックします。
「解」レポートには、最終的なパラメータ推定値とその他の適合度統計量が表示されます(図12.19 )。
プロットには、あてはめたモデルが表示されます。
図12.19 非線形回帰のあてはめプロットとパラメータ推定値