K分割交差検証では、データがK個に分割されます。その1つの部分が検証セットとして、残りの部分が学習セットとして扱われます。