-log10(p値)
p値は、考えられる分岐候補の組み合わせ数を考慮した複雑な方法で調整されています。未調整のp値を用いると、水準数の多い説明変数に有利となります。また、それを修正しようとして、Bonferroniのp値などを用いると、逆に、水準数の少ない説明変数を優先しぎます。JMPのパーティションで使われている調整p値は、それらに比べて公平な分析を可能にします。この方法の詳細については、Sall(2002)を参照してください。
SStest = SSparent - (SSright + SSleft)、この式でノード内のSSは s2(n - 1)
応答がカテゴリカルな場合は、G2(尤度比カイ2乗)がレポートに表示されます。これは(自然対数)エントロピーに2を掛けたもの、またはエントロピーの変化量に2を掛けたものとして計算されます。各オブザベーションの応答が起こる確率をpとすると、エントロピーはS -log(p)です。
選択された候補のG2は次のように計算されます。
G2 test = G2 parent - (G2 left + G2 right)