1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Diabetes.jmp」を開きます。
2.
[分析]>[予測モデル]>[パーティション]を選択します。
3.
「Y 2値」を選択し、[Y, 目的変数]をクリックします。
4.
「年齢」から「グルコース」までを選択し、[X, 説明変数]をクリックします。
5.
「検証データの割合」に「0.33」と入力します。
メモ: JMP Proでは、分析対象のデータテーブルにて検証セットを示す列がある場合、その列を指定することもできます。この例では、「検証」列を選択し、[検証]ボタンをクリックしてください。その場合、「検証データの割合」は「0」に設定してください。
6.
[OK]をクリックします。
7.
プラットフォームのレポートウィンドウで[実行]をクリックし、自動分岐を実行します。
図4.2 糖尿病の「パーティション」レポート
図4.3 「列の寄与」レポート
この「列の寄与」レポートには、ディシジョンツリーモデルの説明変数として「LTG」「BMI」だけが示されています。これらの2つ列は、それぞれ2つの分岐に使用されています。なお、実際の分析結果は、ここでの結果と異なる可能性があります。なぜなら、「検証データの割合」を使用すると、検証セットは分析対象のデータテーブルから無作為に選択されます。分析を実行するたびに、新しい検証セットが無作為に選択さるため、それぞれの結果は異なったものになります。
9.
「Y 2値のパーティション」の横にある赤い三角ボタンをクリックし、[列の保存]>[予測式の保存]を選択します。
「Diabetes.jmp」データテーブルに、「確率(Y 2値==Low)」「確率(Y 2値==High)」、および「最尤 Y 2値」という列が追加されます。これらの応答確率の計算方法を確認するには、「列」パネルで各列の横にある計算式アイコンをダブルクリックします。