[統計量]では、管理図にプロットされる統計量を変更することができます。統計量を参照してください。
[個々の点]は、サブグループ内の個々の観測値の表示/非表示を切り替えます。サブグループ変数を指定した場合、または[標本サイズの設定]を行った場合にのみ表示されます。このオプションは、計数値管理図やまれなイベントの管理図では使用できません。
[点をつなぐ]を選択すると、点をつなぐ線が表示されます。
[点の表示]は、管理図上の点の表示/非表示を切り替えます。
σでは、シグマの計算方法を指定します。σを参照してください。
[ゾーン]は、管理図上のゾーンの表示/非表示を切り替えます。平均から上下に1、2、3シグマ離れた位置にゾーンの境界線が引かれます。管理図ビルダーでは、ゾーンが重なって表示されることはありません。平均から上側と下側の管理限界までの距離が等しくない場合、各ゾーンの幅は(UCL-Avg)/3となります。ゾーンは、下側管理限界(LCL)より下側、または上側管理限界(UCL)より上側には描画されません。このオプションは、計量値管理図と計数値管理図の場合にのみ表示されます。
[仕様限界]は、管理図上に描かれる仕様限界の表示/非表示を切り替えます。データテーブルに「仕様限界」の列プロパティがある場合のみ表示されます。この列プロパティの使用方法については、『JMPの使用法』の仕様限界を参照してください。
[管理限界の設定]では、テストのための管理限界を入力できます。「管理限界の設定」ウィンドウで[OK]をクリックすると、指定した管理限界がすべてのグループに適用されます。指定した管理限界を削除するには、もう一度このオプションを選択します。
[限界の追加]では、管理図に追加する管理限界を指定します。ここで追加した管理限界はテストには使用されません。
[限界の表示]は、管理図上に描かれる管理限界の表示/非表示を切り替えます。
[中心線の表示]は、管理図上に描かれる中心線の表示/非表示を切り替えます。
グラフ領域にばらつき図を追加します。グラフの種類は、[点]のオプションで変更できます。ばらつき図は、範囲、標準偏差、移動範囲など、ばらつきを表す統計量のいずれかをプロットしたもので、データの変動を表します。このオプションは、計量値管理図の場合にのみ表示されます。
[テストのカスタマイズ]では、カスタムテストを作成したり、複数のテストを同時に選択/選択解除したりできます。このオプションを選択すると、「テストのカスタマイズ」ウィンドウが表示され、テストの内容を指定できます。テストの説明のチェックボックスを選択し、nに対応する数とラベルを入力します。設定内容を環境設定として保存したり、デフォルトの設定に戻したりすることができます。このオプションは、計量値管理図と計数値管理図の場合にのみ表示されます。
[テスト]では、特殊原因のテストを適用することができます。テストの詳細については、テストを参照してください。このオプションは、計量値管理図と計数値管理図の場合にのみ表示されます。
[ウェストガードルール]では、ウェストガードルールのテストを適用することができます。ウェストガードルールは、ゾーンではなくσを基準とするので、一定の標本サイズを想定しなくても計算できます。テストの詳細については、ウェストガードルールを参照してください。このオプションは、計量値管理図と計数値管理図の場合にのみ表示されます。
[限界を超えた点のテスト]は、点が管理限界の外にあるかどうかのテストを適用します。管理図上に管理限界外の点がわかりやすく表示されます。このテストは限界値が指定されたすべての管理図で使用でき、標本サイズが一定であるかどうかは問いません。
メモ: [行][グラフ][カスタマイズ][編集]の各メニューについては、『JMPの使用法』を参照してください。
右クリックメニューまたはウィンドウの左側に表示される[警告]オプションには、テストを選択するための[テスト]サブメニューがあります。このサブメニューから、特殊原因のテスト(Western Electricルール)を複数選択することができます。Nelson(1984)は、管理図での特殊原因テストを番号で分類しました。標本サイズが一定かどうかに関係なく、これらのテストは使用できます。
ヒント: 一度に複数のテストを追加または削除するには、設定パネルで[警告]>[テスト]を選択し、テストを選択するか、選択を解除します。
表2.8 は、8つのテストの解説、図2.7 は各テストのグラフです。テストの説明では、次のような用語とルールが使われています。
図2.6 Western Electricルールのゾーン
表2.8 特殊原因のテストの説明および解釈1 
平均のシフト、標準偏差の増加、単一の値における異常を検出する。ばらつき図(RSMR)では、変動の増加の排除に役立てることができます。

1

図2.7 特殊原因のテストのグラフ1
ウェストガードルールは、管理図を右クリックしたときに表示されるメニューまたはウィンドウの左側に表示される[警告]オプションの[ウエストガードルール]サブメニューを使って実行します。各テストには、判断基準となるルールの省略形が名前としてついています。たとえば「1 2s」は、1つの点が平均から2標準偏差離れているかどうかのテストを表します。
ルール1 2Sは、管理限界を平均から2標準偏差の位置に設定したLevey-Jennings管理図でよく使用される。管理限界を超える点が1つでもあると、このルールにより検出されます。
ルール1 3Sは、管理限界を平均から3標準偏差の位置に設定したLevey-Jennings管理図でよく使用される。管理限界を超える点が1つでもあると、このルールにより検出されます。
ルール2 2Sは、連続した2つの点が平均から2標準偏差より離れているケースを検出する。
ルールR 4Sは、1つの点が平均から2標準偏差以上離れ、その前の点が、平均から逆の方向に2標準偏差以上離れたケースを検出する
ルール4 1Sは、連続した4点が平均から1標準偏差より離れているケースを検出する。
ルール10 Xは、連続した10点が平均の片側(上または下)にあるケースを検出する。

1