「Cabinet Defects.jmp」サンプルデータテーブルは、2つの期間に製造されたキャビネットの不適合の種類に関するデータをまとめたものです。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Quality Control」フォルダにある「Cabinet Defects.jmp」を開きます。
3.
「不適合の種類」「Y」ゾーンにドラッグします。
4.
「ロット番号」「サブグループ」ゾーンにドラッグします。
「不適合の種類」のNP管理図が表示されます。
5.
「σ」のリストから[Poisson]を選択してC管理図に切り替えます。
6.
「不適合の種類」の開閉ボタンをクリックして開きます。不適合の種類の値がすべて表示されますが、[Bruised veneer]だけが選択され、管理図上に表示されています。他の不適合の種類を選択すると、管理図が即座に更新されます。
図2.15 「不適合の種類」のC管理図
7.
フェーズ変数を追加するには、「日付」「フェーズ」ゾーンにドラッグします。
図2.16 「不適合の種類」のC管理図(フェーズを指定)
これで、2つの期間における結果を確認できます。どちらの期間でも、すべての点が管理限界内に収まっています。「イベントの選択」で他の不適合の種類を選択すると、管理限界が更新され、選択した種類の不適合品に関する結果を確認できます。