X管理図は、サブグループの平均をプロットしたものです。
R管理図は、サブグループの範囲(最大値-最小値)をプロットしたものです。
S管理図は、サブグループの標準偏差をプロットしたものです。
Levey-Jennings法の管理図では、長期シグマに基づいて、工程平均と管理限界を計算します。管理限界は、中央線から3sの位置にあります。Levey-Jennings法の管理図の標準偏差(s)は、「一変量の分布」プラットフォームの標準偏差と同じ方法で計算されます。