mは、母集団の平均を表します。工程平均や工程水準とも呼ばれます。
m0は、母集団の平均の目標値を表します。m0X0という記号で表すこともあります。American Society for Quality Statistics Division(2004)を参照してください。起動ウィンドウの「CUSUM(累積和)管理図で使用する既知の統計量」領域の「目標値」でm0を指定できます。
sは、母集団の標準偏差を表します。は、sの推定値を表します。
s0は、既知の標準偏差を表します。起動ウィンドウの「CUSUM(累積和)管理図で使用する既知の統計量」領域の「Sigma」でsoを指定できます。
nは、CUSUM管理図における各サブグループの標本サイズを表します。
dは、検出するmのシフトを表し、標準偏差の乗数として表したものです。起動ウィンドウの「CUSUM(累積和)管理図で使用する既知の統計量」領域の「δ」において、このdを指定できます。
Dは、検出したいmのシフトを、データ単位で表したものです。標本サイズnがサブグループ間で一定の場合は、次式が成り立ちます。
メモ: 統計学者によっては、DをDと表記する場合があります。