CUSUM管理図の例で使用したエンジンオイルのデータをもう一度見てみましょう。生産者にとってはコストが重要なので、過少な充填はさほど問題になりませんが、過剰充填は回避する必要があります。そこで、CUSUM(累積和)管理図を作成し、過剰充填が生じていないかを調べます。平均値(8.1オンス)との差は0.25オンスまで許容されます。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Quality Control」フォルダにある「Oil1 Cusum.jmp」を開きます。
3.
[両側]の選択を解除します。
4.
「重量」を選択し、[工程]をクリックします。
5.
「時間」を選択し、[標本ラベル]をクリックします。
6.
[H]をクリックし、「0.25」と入力します。
7.
[統計量の指定]をクリックします。
8.
「目標値」として「8.1」を入力します。
9.
δに「1」を入力します。
10.
「Sigma」として「0.05」を入力します。
11.
[OK]をクリックします。
図4.8 「Oil1 Cusum.jmp」データの片側CUSUM(累積和)管理図