ランチャートは、データを折れ線によって描きます。次の例は、サンプルデータフォルダ内の「Quality Control」フォルダにある「Coating.jmp」サンプルデータテーブル(出典は、『ASTM Manual on Presentation of Data and Control Chart Analysis』)の「重量」変数を使ったランチャートです。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Quality Control」フォルダにある「Coating.jmp」を開きます。
3.
「重量」を選択し、[工程]をクリックします。
4.
「サンプル」を選択し、[標本ラベル]をクリックします。
5.
[OK]をクリックします。
図3.16 ランチャート