C管理図は、サブグループ標本内における不適合数を監視します。
メモ: C管理図を作成する際に[工程能力]を選択すると、「一変量の分布」でPoisson分布があてはめられ、Poisson分布に基づく工程能力分析が行われます。
1.
[ヘルプ]>[サンプルデータライブラリ]を選択し、「Quality Control」フォルダにある「Shirts.jmp」を開きます。
3.
「きずの数」を選択し、[工程]をクリックします。
4.
「箱」を選択し、[標本ラベル]をクリックします。
5.
「1箱の枚数」を選択し、[標本サイズ]をクリックします。
6.
[OK]をクリックします。
図3.23 C管理図