LCLMMR = max(0, MMR - kd3(n))
UCLMMR = MMR + kd3(n)
d3(n)は、母標準偏差が1であるn個の独立した正規分布に従う確率変数の範囲の標準誤差