不適合品を表示します。
不適合品を表示します。
不適合品を表示します。
不適合品を表示します。
P管理図は、各サブグループの不適合品率をプロットしたもので、標本サイズは必ずしも一定ではありません。P管理図では、各サブグループがNi個のアイテムから成り、各アイテムは適合か不適合かで判断されるため、サブグループ内の不適合品数は最高でNiです。
NP管理図は、各サブグループの不適合品数をプロットします。NP管理図では、各サブグループがN個のアイテムから成り、各アイテムは適合か不適合かによって判断されるため、サブグループの不適合品数は最高でNです。
メモ: P管理図またはNP管理図で「Sigma」列プロパティを使用する場合、この列プロパティの値は割合に相当するものでなければなりません。JMPはシグマを割合と標本サイズの関数として算出します。
Levey-Jennings法の管理図では、長期シグマに基づいて、工程平均と管理限界を計算します。管理限界は、中央線から3sの位置にあります。Levey-Jennings法の管理図の標準偏差(s)は、「一変量の分布」プラットフォームの標準偏差と同じ方法で計算されます。