メモ: テーブルの行は、管理図に表示する順序で並べ替えておく必要があります。[標本ラベル]変数を指定する場合でも、データは適切に並べ替えておかなければなりません。
サブグループの標本サイズが等しいときは、「一定の標本サイズ」オプションを選択し、テキストボックスにその標本サイズを入力します。標本ラベルの変数を指定した場合は、その変数の値が横軸のラベルになります。標本の欠測値の有無に関係なく、標本サイズは管理限界の計算時に考慮されます。
サブグループ標本の行数が異なる場合や欠測値がある場合に列で各標本を識別するには、[標本ラベルでグループ化した標本]オプションを選択し、各標本を識別する値を含む列を指定します。
計数値管理図(P、NP、C、U管理図)では、データテーブルにおける1行が、1つのサブグループを表します。選択内容に応じて、「標本サイズ」「一定のサイズ」、または「ユニットサイズ」などの追加のオプションが起動ウィンドウに表示されます。計数値管理図では、サブグループの標本サイズやユニットサイズを含んだ列を指定することもできます。管理図の種類としてIRを選択した場合、[移動範囲の区間]テキストボックスが表示されます。このテキストボックスに入力するのは、移動範囲を計算するための測定値の個数です。
メモ: テーブルの行は、管理図に表示する順序で並べ替えておく必要があります。[標本ラベル]変数を指定する場合でも、データは適切に並べ替えておかなければなりません。
図3.4 は、サンプルデータの「Quality Control」フォルダにある「Coating.jmp」データのX管理図で、サブグループの標本サイズが異なります。
図3.4 サブグループの標本サイズが異なる計量値管理図
「フェーズ」には、異なるフェーズ(phase、セクション)を識別する列を指定します。「フェーズ」とは、データテーブル内の連続する行をグループにまとめたものです。たとえば、新しい工程で生産を開始する前と後は異なるフェーズだと定義できます。指定したフェーズ変数の水準ごとに新しいシグマ、限界値のセット、ゾーン、テストの結果が計算されます。
XR、S、IRPNPCU、予め集計、Levey-Jennings法の管理図の場合は、起動ウィンドウに[フェーズ]ボタンがあります。このボタンでフェーズ変数を指定すると、フェーズ変数の値によってグループ分けされます。限界値をデータテーブルに保存する際は、各フェーズに対して計算されたシグマと限界値が保存されます。例については、フェーズの例を参照してください。