測定誤差により、優良部品が不適合と分類され、不良部品が適合と分類される場合があります。これを誤分類といいます。[誤分類率]オプションを選択すると、モデルの種類を選択するためのウィンドウと仕様限界を入力するためのウィンドウが表示されます(いずれも指定していない場合)。
図7.8 「誤分類率」レポートの例